生まれつき金運がなかった私が、金運アップして発見した2つのお金の法則

「生まれつき金運がない」と悩む必要なんてありません。

金運はだれでも、いつからでもアップできます。

私(有野)も生まれてから何十年間も金運がない人生でしたが、

今では金運だけでなく人生全体の運気をアップさせることができています。

>>「有野恭子のプロフィール」<<

あなたの周りの人々を見回してみてください。

誰からも好かれて、金運にも恵まれている。その上美貌にも恵まれた人もいれば、

「生まれつき金運がない」と嘆き、人生の大半をお金のことで悩み、

苦悩に満ちた道を歩んでいる人もいます。

人生は一見とても不公平に感じますよね。

この差は一体どこからくるのでしょうか?

私たちはどうしたら金運を上げて自分の思い通りの人生を歩むことができるのでしょうか。

私たちにとって、お金は空気や水を同じようになくてはならないものであり、

暮らしていく上で欠かせない存在です。

それなのに、私たちはお金や金運を上げることに関してほとんど何も知りません。

しかし安心してください。

金運を上げるのも下げるのも、ちょっとした習慣の差と、

知っているか、知らないかだけの差なのです。

今回の記事では、「生まれつき金運がない」と悩む方のために、

いつからでも金運を上げることができる方法をご紹介したいと思います。

金運を上げることなんて実はカンタンなんだと、あなたもきっと気づくでしょう。

「生まれつき金運がない」のはあなたのせいではなく、両親の価値観を引き継いでしまっただけ

私たちの金銭感覚やお金の価値観というのは、学校では教えてくれるものではないので

多くは両親の価値観を引き継いで大人になっていることがほとんどです。

お金に対する良い価値観を引き継いでいれば問題ありません。

しかし、お金のリテラシーが低く、正しいお金との付き合い方を知らない両親の場合、

その子供も気づいたときには既に両親と同じようなお金のトラブルを抱えていたり

無意識にお金に嫌われることをしてしまい、

「なぜか金運が悪い」

「生まれつき金運がない」

と悩むことになります。

ですから、金運がないのは決してあなたのせいではありません。

両親から無意識のうちに引き継いでしまった、お金に対するネガティブな価値観に

まず気づくことが大切です。

例えば、父親や母親の口グセを思い出してみると

「うちは貧乏だから」

「人生はお金じゃない」

「お金持ちは裏で悪い事をしている」

「無駄遣いしてはいけない」

「お金がない」

「ガマンしなさい」

などと言ってなかったでしょうか?

たとえ親は良かれと思って言っていたとしても、両親が持つお金に対する

ネガティブな価値観はしっかりと子どもに植え付けられてしまいます。

「親の背中を見て育つ」と言いますが、無意識に両親のネガティブな

価値観を引き継いでしまったために、

「無駄遣いしているわけでもないのに、お金が残らない」

「なかなかお金が貯まらないのはどうしてだろう??」

などと思い、きっと生まれつき金運がないんだと自分のせいにしてしまうのです。

まず親から引き継いだお金に対する価値観に気づくことができれば

問題は半分解決したも同然です。

あとは自分自身で価値観を再構築すればいいだけだからです。

金運とマイナスイオンの関係

あなたは「お金持ちはキレイ好き」とか、「トイレ掃除をすると金運が上がる」

という話を聞いたことはないでしょうか?

この話は本当で、理由を説明している人は少ないですが、

実は金運にはプラスイオンとマイナスイオンが大きく関わっています。

(>>「幸福を招くマイナスイオン 不運を引き寄せるプラスイオン」<<)

ホコリやチリ、ゴミなど汚れた環境の中で、イオン測定器で計測してみると

プラスイオンが通常よりも多く検知できます。

イオン測定器

このプラスイオンには「ネガティブな情報」(不運、貧しさ、妬み、恨み、邪気など)

が溶け込む性質があります。

人間の排泄物からもプラスイオンが大量に発散されています。

逆に、マイナスイオンには「ポジティブな情報」(幸運、金運、幸福、感謝、チャンス、喜びなど)

が溶け込む性質があります。

お金はキレイ好きなので、プラスイオンがたくさん漂っているところには近づきません。

そのため、部屋が汚かったりトイレが汚れっぱなしになっている家には金運は寄ってこないのです。

>>「【効果抜群】本当に開運できるトイレの法則」<<

また、愚痴や悪口などをよく言うネガティブな人も金運から見放されます。

愚痴や人の悪口というのは、プラスイオンと相性が良いからです。

「生まれつき金運がない」と嘆く人は、たいてい育った家が汚れていたり

家族の会話が愚痴などのネガティブなものだったと言います。(私の実家もそうでした)

このように、金運も含め人生の運気を上げるためには、身の回りからプラスイオンを

できるだけ排除し、マイナスイオンに溢れた環境を作ることがポイントになります。

そして、人を妬んだり恨むことをせず、感謝や人の良いところを積極的に見つける

心の姿勢をもつことが、プラスイオンに溶け込んだ邪気などを寄せ付けないことにつながります。

さらに、あなたの環境に常時マイナスイオンを発散するアイテムを身に着けたり

身の回りに置くことで、金運はグッと上がります。

たとえば、宝石やパワーストーンなどもマイナスイオンを発散してます。

他にも、観葉植物や庭木も金運をアップしてくれます。

ただし、植物にはマイナスイオンを発散するものと、プラスイオンを出す種類があるので注意が必要です。

>>「あなたの家の観葉植物は大丈夫?運気が下がる、体に悪い植物5選」<<

>>「松竹梅が、めでたい・縁起の良い樹木である理由は〇〇を出すから」<<

知らずに運気をダウンさせる植物を身の回りに置いていると、

「最近なぜか不運が続く、、」

「どこも悪くないのに、なぜか体調がすぐれない」

などの悩みを抱えることになります。

財布を変えれば、あなたの金運が変わる

「生まれつき金運がない」と嘆いている人を見ると、必ずと言っていいほど

財布が擦り切れていたり、貧弱だったりします。

財布すら持っていない人もいますが、お金は行き場の定まらない所には行きたがりません。

お金は自分の居場所を求めています。お金はキレイ好きと言いましたが、

清潔で居心地の良い場所を作り、「ここでゆっくりお過ごしください」という気持ちで

お金を歓迎するための財布を整えるべきです。

財布はお金の家です。人も清潔で快適な家で過ごしたいと思うもの。

お金も人間と同じで、家である財布がボロボロだったり、汚れていたり

形が変形していると、その財布に長く留まることはなく、とても早いペースで

自分のもとから離れていってしまいます。

金運が上がる財布 下がる財布

財布の形は大別すると、長財布と二つ折りタイプの2種類。

二つ折りタイプはコンパクトに収納できて、持ち運びに便利です。

しかし、お金の気持ちになってみれば、やはり長財布がおすすめです。

二つ折りタイプに入れられたお札は、どうしても折り畳まれて収納されることになります。

おまけに領収書やカードと一緒に押し込められたら、お札は絶えず窮屈な思いをしなければなりません。

一刻も早くこの財布から出たいとお金に思われたら、金運が下がり始めます。

実際に、二つ折りタイプの財布を使っている人の多くは、お金が長く留まらず

「不思議なくらいすぐにお金が出て行ってしまう」と感じています。

お金に困らない人生を過ごしたければ、二つ折りタイプの財布は絶対に使ってはいけません。

開運できる人、ツイてる人は、もともと運がいい、強運だからと思っている方へ

私は42歳の時、あることがキッカケで
金運、仕事運、財運、くじ運、恋愛運、対人運
に恵まれ出しました。

「どうせあなたはもともとツイてる人だったんでしょ?」

と、こう思う人が多いことでしょう。

でも、全くそんなことはないと、私は断言します。

実際、私は数十年間不幸と不運の連続でした。
周りからは、

「あまりに異常だからお祓いをしてもらった方がいい」
とまで言われたほどです。

「でも、そんなに不運だったのに急に強運になったの??」

その秘密は私のプロフィールで公開しています。
↓↓
>>全ての運に見放された人生だった私でも、
超強運体質になれました<<