幸運を呼ぶ財布 幸運に見放される財布 

お金は私たちにとって、水や空気と同じくらい身近でなくてはならないもの。

そのお金の家である財布ひとつで、金運が左右されるだけでなく

私たちの人生の幸運・不運をも左右すると言っても過言ではありません。

なぜなら、金運。仕事運。健康運、人間関係など、運はみなつながって一体化しています。

人間関係が上手くいってないと、お金や健康にも悪影響を与えることは

容易に想像できますよね。

つまり、金運を左右する財布の良し悪しで、幸運を呼ぶことも不運を呼び込むこともできるのです。

財布は、単にお金を入れる”道具”以上のパワーを持っています。

「たかが財布。されど財布」です。

財布を変えれば、あなたの金運が変わります。

金運が変われば、他の運も芋づる式に変わります。

今回の記事では、あなたの財布を幸運を呼び寄せる財布にするための

方法をご紹介したいと思います。

「財布を買い替えたい」は、幸運が訪れる前触れ

今の自分を変えたい、あるいはもっと金運を上げたい

もっと幸運を引き寄せたい、と思ったら、その出発点である

「財布を変える」

ところから始めてみてはいかがでしょうか。

私自身の経験と多くの人の相談にのってきたケースから言えることは

幸運や金運がアップする前ぶれとして

「財布を買い替えたい」

という衝動に駆られます。

一見、まだ古くなっていないし、十分使える財布を使っていたとしても、

運気の転換期を迎えると「財布を新しいのに替えよう」という気持ちになります。

よく、”財布には寿命があって、1年とか3年ごとに買い替えましょう”などと

言っているのを見かけますが、なんの根拠もない説なのでご自分の感覚に従ってください。

また、一般的に金運や幸運を呼び込むには、黄色や金色の財布が良いと言われていますが、

これも一概にそうとは言えません。

黄色の財布はどうしてもピンとこない

金色は派手過ぎて馴染めない

などと思うのに、無理して持つのは逆効果になることもあります。

あなたに「財布を買い替えたい」という気持ちが芽生えたら、

それは「気のせい」ではありません。

その気持ちにフタをしないで従ったほうが良いでしょう。

引き寄せられるように出会った財布は、幸運を呼び込むアクションにほかならないのです。

財布の替え時は、人生の替え時

財布は、単なるお金を入れる道具以上の力を持っています。

金運はキレイな財布にやって来る

「お金に良し悪しはない」

「お金そのものはニュートラルで純真無垢」

という話を聞いたことはないでしょうか。

私の考えは少し違っており、お金はもっとポジティブな存在で、

キレイ好きな性格を持っていると信じています。

なぜなら、金運のエネルギーはマイナスイオンの水に溶け込んで私たちのもとに

やって来るからです。

>>「幸福を招くマイナスイオン 不運を引き寄せるプラスイオン」<<

そして、お金というのは人間と同じように、自分を大切に扱ってくれる人、

自分に気を向けてくれる人の元へ近づいてきます。

さらに、お金はキレイ好きな性格のため、きれいな空間、

きれいな使われ方をするところ、きれいな心持ちをしている人

の元に集まり長く留まりやすいのです。

逆に、お金をぞんざいに扱う人、汚れた空間に住んでいる人、

見た目も汚く、中身もぐちゃぐちゃな財布を使っている人

ネガティブな性格の人の元からは金運や幸運は遠ざかります。

では、もう少し具体的にどんなふうに財布に変えればいいのか?

どんな財布にすれば、幸運や金運を引き寄せることができるのか。

それを考える前に、逆の幸運から見放される財布とは一体どんなものかが

わかれば対策が立てやすくなるのではないでしょうか。

メタボ財布

金運や幸運から見放される人の財布は、たいてい太っています。

「メタボ財布」にはお金のほかに、ポイントカードやクレジットカード

割引券やレシートなどが詰め込まれパンパンに膨れています。

現代に暮らす私たちのの財布は、この「メタボ財布」になりがちです。

金運はきれいな空間、整理されたところにやってきます。

財布の中がゴチャゴチャしていると、お金はそこに長く留まってくれません。

人と同じようにメタボ財布にもダイエットが必要です。

ボロボロ・ヨレヨレ財布

モノはできるだけ大切に長く使うというには素晴らしいですが、

財布に関しては当てはまりません。

かと言って、先述したように1年ごとに買い替える必要もないと思います。

ただ、使い続けるうちに財布が擦り切れたり、くたびれてヨレヨレになってしまうと

その財布には幸運も金運も呼び寄せるパワーはもはや無くなっています。

お金はキレイ好きな性格です。財布が汚れたり破れた状態で使っていると

お金にかなりのスピードで財布から去っていくことになります。

結果、金運がダウンしてしまうのです。

>>「金運を上げるアイテムは財布が最強?」<<

お札と小銭を分けて持つと幸運を呼び寄せる

金運や幸運に恵まれている人は、たいていお札と小銭を別々に入れ、

二つの財布を持っています。

先述したように、財布というのは気を付けていないとすぐにメタボ財布になりがちです。

お札と硬貨を一緒に入れるとどうしても「太らせる」原因になります。

お札と小銭、どちらも同じお金ですが、やはり紙幣と硬貨は性質が違います。

紙幣が大人だとすると、硬貨は子どもです。

お金には人格があると述べましたが、肖像画の福沢諭吉、樋口一葉、野口英世

はVIP待遇を望んでおり、小銭と一緒に入れられることを嫌がるようです。

レストランでゆったりした気分を味わうとしたのに、入ってみると

子どもたちがワイワイ騒いでいたとしたら、だれでも長居したいとは思わないでしょう。

それと同じ現象が、お札と小銭を一緒に入れると現れます。

金運や幸運を呼び込むためには、必ず小銭入れを別に持ってください。

また、金運のある人は必ずといっていいほど長財布を使っています。

これもお金の気持ちになってみると分かりますが、

二つ折り財布では、どうしてもお札が常に折り曲げられて窮屈な思いをしなければなりません。

折り曲げられた上に、前述したように財布にお金以外のもの(クーポンや領収書など)と

一緒に財布に押し込められたらどうでしょうか?

「一刻も早くここから出たい」

「こんなところには二度と戻って来たくない」

と思うでしょう。

これは高級ブランドの二つ折り財布でも同じで、二つ折りにする形状自体に問題があります。

実際、この二つ折りタイプの財布を使っている人の多くは、

お金が長く留まらず、すぐに出て行ってしまうという悩みを持っています。

あなたの人生に金運や幸運を呼び込むために、そしてお金に困らない人生を過ごしたければ

絶対に二つ折りの財布を使ってはいけません。

開運できる人、ツイてる人は、もともと運がいい、強運だからと思っている方へ

私は42歳の時、あることがキッカケで
金運、仕事運、財運、くじ運、恋愛運、対人運
に恵まれ出しました。

「どうせあなたはもともとツイてる人だったんでしょ?」

と、こう思う人が多いことでしょう。

でも、全くそんなことはないと、私は断言します。

実際、私は数十年間不幸と不運の連続でした。
周りからは、

「あまりに異常だからお祓いをしてもらった方がいい」
とまで言われたほどです。

「でも、そんなに不運だったのに急に強運になったの??」

その秘密は私のプロフィールで公開しています。
↓↓
>>全ての運に見放された人生だった私でも、
超強運体質になれました<<