金運がどん底の人 金運に恵まれている人

「贅沢してないのに、どうしてお金が貯まらないんだろう?」

「頑張ってるのになぜもっと稼げないの?」

「とにかく金運がどん底だ、、」

かつての私は、まともに正社員にも就けず、アルバイトの掛け持ちをして

なんとか生計を立てていました。

将来への夢や希望なんて、全く持てませんでした。

金運どころか、仕事運や恋愛運、健康運すらなかった自分でしたが、

なんとか今よりもう少し豊かで、幸運に恵まれた人生にしたい、

金運を上げたい、成功したいという願いはありました。

でも、一方では「私は生まれつき運が悪い不幸体質だから、どうせ無理」

と諦めていたのです。

>>「有野恭子のプロフィール」<<

しかし、そんな私があるアイテムをキッカケに運気が上がり

その後たくさんの気づきが得られてからは、実践したことに対する報酬が

どんどん返ってきたのです。

それは、

「金運を上げるためには、金運に恵まれている人の真似をして習慣にする」

ということです。

「金運がどん底だ、、」と悩んでいる人も諦めないでください。

ほんの少し習慣を変えるだけで、お金に恵まれ、いい出会いが生まれ

たくさんの幸運が必ずあなたの元にやってきます。

金運がどん底の人の共通点

あなたのまわりの人びとを見回してみてください。

金運に恵まれて、誰からも愛され、その上美貌にも恵まれた

何もかも手に入れているような人もいれば、

いつもお金の心配をして、苦悩に満ちた人生を歩んでいる人もいます。

人生は一見不公平に見えますよね。

その差はいったいどこにあるのでしょうか。

私たちはどうしたら自分の思い通りの人生を歩むことができるのでしょうか。

私はビジネスやプライベートで数多くの「金運がどん底の人」や「金運に恵まれている人」

たちと接してきました。

そしてその経験と私自身の体験から、ひとつ確信していることがあります。

それはちょっとした習慣の違いによるものが大きいということです。

つまり、ほんの少し習慣を変えるだけで、金運がどん底の人もお金に恵まれ

たくさんの幸運がやってきます。

習慣は決してあなたを裏切りません。

金運がどん底の人は、ガラクタを溜め込んでいる

金運に恵まれている人と金運がどん底の人、この最大の違いは何でしょう。

それは、金運に恵まれている人はみなキレイ好きということです。

反対に、金運がどん底の人は、まず間違いなくそうじが嫌いです。

部屋にガラクタがあふれ、マイナス思考で、部屋の換気も十分ではありません。

そこには間違いなく、プラスイオンに溶け込んだネガティブなエネルギーが充満しています。

>>「幸福を招くマイナスイオン 不運を引き寄せるプラスイオン」<<

そんな中にいると、慢性的に疲れ、無気力になり片付けよういう気すら起きなくなります。

金運だけでなく健康運や仕事運などすべての運気を落としてしまうでしょう。

そこには新しいアイディアやひらめきも、ポジティブな直観も出てきません。

そして、ますます貧しくなっていくのです。

風水では部屋に溜まったガラクタは毒素とみなします。

部屋に溜まったホコリやチリ、ゴミ、汚れからはプラスイオンが発散されています。

プラスイオンはさらなるプラスイオンを呼び寄せます。

金運はきれいなところにしかやってきません。

お金はキレイ好きなのです。

なぜなら、金運はマイナスイオンに溶け込むからです。

プラスイオンで充満した環境からは、金運はそっぽを向いて遠ざかります。

家の中をキレイして、不用品をどんどん捨て始めると

プラスイオンが排除され停滞していた「気」がスムーズに流れ出します。

あなたの金運をアップするために、即実行できるのが

掃除とルームルームデトックス(断捨離)なのです。

金運がどん底の人は 財布の中が乱雑

金運がどん底の人の財布には、折れ曲がったレシートや、クーポン券、ポイントカードなどが

乱雑に入っています。

金運が遠ざかる財布というのは、例外なくお金以外のもので太っています。

また、財布の角が擦り切れいたり、ファスナーのすべりが悪くなっていても気にならない。

財布には、持ち主のお金に対する意識が如実に出ます。

財布の中の乱雑さや、傷みが気にならないのは、お金に対しての意識が薄れている証拠。

逆に、金運に恵まれている人は財布に気を配っています。

それは、彼らが

「財布というのは、単なるお金を入れるツール以上の特別なパワーがある」

ことを知っているからでしょう。

>>「幸運を呼ぶ財布 幸運に見放される財布 」<<

金運がどん底の人は、家の水回りが汚い

風水では、水は経済を表します。

「トイレが汚い家は金運に見放される」

と言われるのも、家の水回りの中で一番汚れやすい場所がトイレだからです。

「一番汚れやすい」というのは、一番プラスイオンが滞留しやすい場所とも言えます。

人間の排泄物からは大量のプラスイオンが発散されています。

>>{【効果抜群】本当に開運できるトイレの法則」<<

また、家計の状態を遠回しに表現した「台所事情」という言葉がありますが、

こういう言葉が昔からあるのは、水回りと金運が大きく関わっているからだと言えそうです。

金運がどん底の人は、部屋に枯れた植物がある

あなたのお部屋には元気な生花があるでしょうか?

風水では花のある環境は「気」が充満いていると言われています。

洋の東西を問わず、花が幸運のシンボルとして認識されてきたのもそれなりの理由があり

生花からは多量のマイナスイオンの水が発散されています。

幸運や金運はマイナスイオンに溶け込む性質があります。

マイナスイオンはさらなるマイナスイオンを呼び寄せます。

だからこそ、花が幸せを呼ぶ最高のアイテムとして扱われてきたのです。

ただ、一旦花が枯れ始めると、今度はプラスイオンの水を周囲に放出するように

なるので、しおれてきたらすぐに外に捨てるようにしてください。

枯れた花をいつまでも部屋に置いておくと、不運を引き寄せるアイテムに

変わってしまうので注意が必要です。

プラスイオンはさらなるプラスイオンを呼び寄せるからです。

>>「あなたの家の観葉植物は大丈夫?運気が下がる、体に悪い植物5選」<<

ですから、できるだけいつも元気な生花を部屋に飾るようにしてください。

そうすれば金運がどん底人だった人も、いつの間にかお金も健康も

ツキも引き寄せる人生に変わっているでしょう。

開運できる人、ツイてる人は、もともと運がいい、強運だからと思っている方へ

私は42歳の時、あることがキッカケで
金運、仕事運、財運、くじ運、恋愛運、対人運
に恵まれ出しました。

「どうせあなたはもともとツイてる人だったんでしょ?」

と、こう思う人が多いことでしょう。

でも、全くそんなことはないと、私は断言します。

実際、私は数十年間不幸と不運の連続でした。
周りからは、

「あまりに異常だからお祓いをしてもらった方がいい」
とまで言われたほどです。

「でも、そんなに不運だったのに急に強運になったの??」

その秘密は私のプロフィールで公開しています。
↓↓
>>全ての運に見放された人生だった私でも、
超強運体質になれました<<