「お金が集まる人」は知っているけど「お金が逃げていく人」は知らない4つのお金の秘密

「お金が集まる人」と「お金が逃げていく人」の差はなにか?

それは、単純に「知っている」か「知らない」かの違いによる差が大きいと言えます。

お金に関することは学校では教えてくれません。

まして「金運」などという目に見えないことについてはなおさらです。

しかし、お金や金運に関しての知識は、人生を歩むうえで必修科目と言っても良いほど

重要なものです。

両親から教えられたとしても、「お金が集まる家庭」の教えなら良いですが、

「お金が逃げていく家庭」の教えなら、子供は知らないほうがまだ幸せと言えるでしょう。

「お金の話ははしたない」

「金持ちは悪いことをして稼いでいる」

などは「お金が逃げていく人」の典型的な誤った思い込みです。

また、世の中にはお金というと札束で頬をひっぱたかれるイメージを

連想する人もいますが、こういう人も「お金が逃げていく人」です。

学校でもどこでもお金についてきちんと教えてくれないために

お金との付き合い方が分からず、「お金が逃げていく人」が増えるのです。

人生はお金がすべてではないですが、資本主義社会の中で生きている以上

お金はたいていのモノと関わっています。

「お金が逃げていく人」よりも「お金が集まる人」になって

金運を上げたほうが幸福度が高いことは間違いないでしょう。

今回の記事では、「お金が集まる人」の多くは知っているけれど、

「お金が逃げていく人」は知らないために損をしているお金が集まる

5つの秘密をご紹介したいと思います。

「お金が集まる人」は、お金はエネルギーであることを知っている

お金と聞いてイメージするのは、お札や硬貨を思い浮かべる人は多いと思います。

しかし、紙幣や硬貨は日本政府が発行する紙切れであり、お金の1種に過ぎません。

お金とは、1万円札などの実態のある物質ではなくエネルギーです。

お金はエネルギーだからこそ、金運が上がったり下がったりするのです。

『波動の法則』の著者である足立育朗氏によると、

お金は英語で「マネー(MONEY)」と言いますが、

その語源は「ムニー(MUNIYI)」と言うエネルギーで

カシオペア座のベータ星の言葉だそうです。

(『波動の法則 実践体験報告』ナチュラルスピリット)

お金の本質はエネルギーのため、1万円札や500円硬貨だけでなく

純金や株券、食品、ポイントなど、あらゆる価値あるものに

変化しながらこの世界を循環しています。

「お金が集まる人」は、世の中の富は無限に増え続けていることを知っている

「お金が逃げていく人」は、世の中の富というのは有限だと信じています。

誰かが大金を手にしたら、他の誰かがその分貧乏になると思っているのです。

誰かが利益を得たら、もう一方は同じだけ損をして

全体としてはプラスマイナスゼロになるという,いわゆるゼロサムだと信じています。

しかし、実は世界の富は無尽蔵にあり現在も増え続けているというのが真実です。

たとえば、地球上にAさんとBさんの二人だけしかいないとします。

Aさんの所持金は1万円で、Bさんは0円です。

BさんはAさんの1万円が欲しいと思っているため、

家を作ってそれをAさんに1万円で売ってあげました。

Bさんは1万円を手に入れて、Aさんは1万円のお金は失いましたが

1万円の価値がある家を手に入れました。

この時点で世界の富の合計は2万円になりました。

さて、今度はAさんがまたお金を手に入れたいと思いました。

そこで家を作りBさんにその家を1万円で売りました。

これで、Bさんは1万円の価値がある家を手に入れ、

Aさんは1万円の家と1万円札(合計2万円)を持っていることになります。

この時点で、世界の富の合計は3万円に増えています。

こうしてAさんとBさんはお互いに価値あるモノが益々増えていきもっと多くのお金と

品がやりとりされるようになりました。

やや無理がある例え話ですが、原理原則は真実です。

エネルギーであるお金は日々増え続けているという真実を知るだけでも

あなたの金運に良い変化が現れ始めます。

「お金が集まる人」は、金運はマイナスイオンと相性がいいことを知っている

「お金が集まる人」ほど、お金には人格があり、

その性格は「キレイ好き」であることを知っています。

金運のエネルギーは、不浄な場所、汚れたところからは遠ざかる性質を持っています。

よく「トイレを掃除すると金運が上がる」と言われていますが、

トイレはお金が嫌うプラスイオンが充満しやすい所だからです。

日本では昔から「座敷掃除より便所掃除」と言われていたほど

トイレをいつも綺麗にしておくことは重要です。

>>「幸福を招くマイナスイオン 不運を引き寄せるプラスイオン」<<

>>「【効果抜群】本当に開運できるトイレの法則」<<

「お金が集まる人」の家は、たいてい掃除が行き届いているものです。

逆に「お金が逃げていく人」ほど、部屋やトイレは汚れています。

チリやホコリ、汚れからはプラスイオンが放出されています。

そして、プラスイオンにはネガティブな情報(不運、不幸、貧しさ、嫉妬、怒りetc)が

溶け込む性質があります。

プラスイオン(ネガティブ)はさらなるプラスイオン(ネガティブ)を引き寄せます。

「お金が集まる人」は、二つ折り財布よりも長財布のほうが金運が上がることを知っている

「お金が集まる人」は

「お金というのは、お金にちゃんと気を配ってくれる人のところにしか寄っていかない」

ことを知っています。

また、お金そのものだけでなく、お金の家である財布にもちゃんと

気にかけているのが「お金が集まる人」です。

財布の形は、二つ折りタイプのものと長財布があります。

二つ折りタイプの財布は、長財布よりも携帯には便利ですが、

お札を曲げて収納するという金運にとっては致命的な問題があります。

お金には人格があると述べましたが、お札にとっては

半分に折られて窮屈な思いをする二つ折り財布よりも

のびのびと身体を伸ばせる長財布のほうが居心地の良いと感じます。

二つ折りタイプの財布を使っている人の多くは、お金が長く留まらず

すぐに出ていってしまうと感じています。

これはどんな高級ブランドの二つ折り財布を使っても同じです。

お金が逃げていく人生を歩みたくなければ、二つ折りタイプの財布は

絶対に持ってはいけません。

また、お金はキレイ好きなため、たとえ長財布を使っていたとしても

お金以外のもの、レシートやクーポン券、ポイントカードなどでいっぱいになっている状態では、

お金はとても早いスピードで出て行ってしまいます。

開運できる人、ツイてる人は、もともと運がいい、強運だからと思っている方へ

私は42歳の時、あることがキッカケで
金運、仕事運、財運、くじ運、恋愛運、対人運
に恵まれ出しました。

「どうせあなたはもともとツイてる人だったんでしょ?」

と、こう思う人が多いことでしょう。

でも、全くそんなことはないと、私は断言します。

実際、私は数十年間不幸と不運の連続でした。
周りからは、

「あまりに異常だからお祓いをしてもらった方がいい」
とまで言われたほどです。

「でも、そんなに不運だったのに急に強運になったの??」

その秘密は私のプロフィールで公開しています。
↓↓
>>全ての運に見放された人生だった私でも、
超強運体質になれました<<