【だから日本の風水は胡散臭い】財布や服の色とか嘘ばかり?

よく風水のことを

「嘘」

「迷信のたぐい」

「胡散臭い」

「占いの一種」

と思っている人は少なくありませんが、実はそうではなく

本場の風水とはもともと、人が住む土地や住居の環境を改善する学問であり

中国4000年の歴史の中で脈々と受け継がれてきた「環境学」です。

古くは平城京や平安京なども中国の風水の知識をもとに作られた都です。

日本の風水は、風水発祥の地である本場中国のものとは別物になっているため

嘘くさく感じている人が多いのかもしれません。

(日本人は風水を宗教だと思っている人もいるくらいです)

たとえば、本場中国の風水では、財布の色がどうであるとか

服の色で吉凶や運気を判断するようなことは全くありません。

「財布は一年に一回は買い替えたほうがいい」

「春に財布を買うと金運アップ」

などと言われていますが、これらは風水ではありません。

おまけに日本の「風水研究家」と称する人たちの中でも

みんな言っていることがバラバラではないでしょうか?

本場の風水でも「龍脈」「龍穴」といった「気の流れ」という

目に見えないエネルギーを重要視するため、どうしても胡散臭いとか

噓っぽく感じてしまうのかもしれません。

このブログでもよく登場するマイナスイオンとプラスイオンも目で見ることはできなませんが

運気を大きく左右するものです。(>>「幸福を招くマイナスイオン 不運を引き寄せるプラスイオン」<<

風水が日本でも知名度が上がり広まってきましたが、誤った情報、ニセモノのために

「なんの効果もなかった。やっぱり風水なんて嘘なんだ」

と考える人が増えるのは大変残念なことです。

もしあなたが、風水関係のテレビや書籍、インターネットの情報を読んで実践しても

うまくいかない、運気が上がらないと感じているなら、それは間違った情報である可能性があります。

今回の記事では、今日本で言われている風水情報の嘘をまとめてみました。

日本版風水の嘘

マスコミなどで風水のことを勝手な解釈で広めた「風水師」「風水研究家」によって

日本の風水は、占いの一種だと思っている人が大勢います。

「今日は風水的に白の服は運気ダウンするからやめよう」

「あの方角で黄色の財布を買うと風水ではいいみたい」

こういう話を聞くと、風水が日本では正しく伝わっていなんだなととても残念に思います。

まるで「風水占い」という新しい占いの分野が出来たかのようです。

日本の風水は、九星気学や家相学、方位学が混ざってしまっているのが現状です。

前述したように、風水は中国では環境学として発展してきた学問です。

風水は占いではなく、土地に流れる気を読み取り運気を上げようとするものです。

「風水」の名称は、「気は風に乗じて散じ、水に留まる(蔵風得水)」

が由来です。

気が入る玄関と、家の水回りを重要視しているのが風水です。

悪い気の侵入を防ぎ、良い気を取り入れ家に巡らすにはどうすれば良いか?

いつも暗い玄関では良い気は入って来ず幸運から見放されるでしょう。

>>「【本当に開運できる】効果抜群の運気アップ法 玄関編」<<

>>「開運、金運アップできる玄関 開運できないままの玄関」<<

気の流れが悪い家を改善するのが風水ですが、カーテンの色や家具の位置

財布の色を変えることが本当の風水ではありません。

また日本の風水では、タンスなどの家具の位置をどうしなさいとか、

「風水シール」を貼るだけで運気がアップするといった

本場の風水とはかけ離れた情報を発信している人もいます。

「貼るだけで開運」なんて胡散臭すぎますよね。

本当にシール一枚で開運できた人がいるのでしょうか?

本当にテレビやベッドの位置や向きを変えただけで

何かが変わるのでしょうか?

家具の場所を変えることで運気に影響するとしても

ごくわずかでしかありません。

そんなことにエネルギーを費やすよりも、家の水回りをキレイにするほうが

よっぽど運気を上げることが出来るでしょう。

運気に最も影響を与えるのは、住んでいる場所

日本の風水研究家の中には、気学と風水を一緒にしている人もいます。

本場の風水に

「今年は東が凶方位だから避けよう」

などはありません。

風水でももちろん方位は大切ですが、年によって運気が上がる方位、

下がる方位が変化するなんてことはありません。

「あっちの方位は自分には凶になるから家族旅行で自分だけ行けない」

などど言う人もいますが、そんな心配は不要です。

風水ではそんなことは言わないし、もし悪い方位があるとしても

短期間の滞在で悪影響を受けるなんてことはあり得ません。

そんな話が本当なら、仕事であちこち行く運転手やビジネスマンは

みんな運気を下げることになります。

逆に、運気アップの方位があったとしても、そこに行けばすぐに

開運できるなんてこともないのです。

運気に大きく影響を与えるのは、その人が住んでいる土地や家であると

本当の風水はそう教えています。

開運できる人、ツイてる人は、もともと運がいい、強運だからと思っている方へ

私は42歳の時、あることがキッカケで
金運、仕事運、財運、くじ運、恋愛運、対人運
に恵まれ出しました。

「どうせあなたはもともとツイてる人だったんでしょ?」

と、こう思う人が多いことでしょう。

でも、全くそんなことはないと、私は断言します。

実際、私は数十年間不幸と不運の連続でした。
周りからは、

「あまりに異常だからお祓いをしてもらった方がいい」
とまで言われたほどです。

「でも、そんなに不運だったのに急に強運になったの??」

その秘密は私のプロフィールで公開しています。
↓↓
>>全ての運に見放された人生だった私でも、
超強運体質になれました<<